コラム

「会社を作る」と考えたときに、済ませてほしい4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社設立の基本的な流れ

 

「ビジネスを始めよう」と思った場合、個人事業主として始める場合もあれば、会社を設立して始める場合もあるかもしれません。

その際の基本的な流れを説明しましょう。

一般的には、次の6つのステップを踏むと考えてください。

 

1)基本事項の決定

2)定款作成

3)資本金の払い込み

4)登記書類作成

5)登記申請

6)登記後の各種行政などの手続き

 

このすべてのステップを詳しく説明すると大変です。

そこで今回は、会社設立登記を行う前に、最低限済ませておきたい準備についてお話します。

 

次の4つは必ずお済ませください

 

いざ、会社設立登記を行うとなると、かなり忙しくなりますが、最低限次の4つは済ませましょう。

 

1)商号を決定する

平たく言ってしまえば、会社の名前です。

基本的に、ご自身の好きな名前を使って構いませんが、次の2点にはご注意ください。

 

  •  同じ住所に同じ商号が既にある場合は、登記できない。
  •  銀行を営んでいるわけでもないのに「銀行」という名前を使うなど、混乱を招く名前は使えない。

 

2)印鑑を作成する

登記手続きを行うときには、申請書を提出します。

この際、会社の代表印が必要になるので、早めに準備しましょう。

長く使うものなので、定評のあるお店で作ることをおすすめします。

 

3)役員報酬額を決める

役員報酬は、原則として経費にはできません。

つまり、役員報酬をいくらにするか次第で、会社が払う法人税および代表個人が支払う所得税も変わります。

 

4)資本金の額を決める

株式会社の場合、最低資本金は1円となっています。

つまり、1円から株式会社が作れるわけですが、あまりに低すぎる資本金も考え物です。

本来、資本金とは株主を発行することで集めた資金を指しており、会社が業務を行うための元手になるお金です。

いきなり高額な資金を集めるのも難しいですが、さすがに少なすぎると何もできないのも事実でしょう。

 

実際の手続きは専門家におまかせしましょう

 

ここまでお読みになった方は、「事前の準備だけで、大変そう……」と思われたかもしれません。

しかし、どれも慎重にやらないと、会社設立にまで到底たどりづけなくなります。

会社設立手続きをスムーズに進めていくためには、税理士などの専門家の手助けがあった方が、心強いでしょう。

「会社を作る!」と決めたら、早い段階から専門家に相談するのをおすすめします。

 

会社設立のご相談は目黒区の鳥山会計事務所へ こちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*